« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月 1日 (木)

援助交際で子どもが捕まることがあるの

 

 高校2年生の女子です。時々援助交際してます。最近,友だちが援助交際で警察に捕まったみたいですが,くわしいことは分かりません。援助交際って,「大人は捕まるけど,子どもは犯罪にならないから捕まらない」って聞いていたけど,ちがうんですか。

 

 援助交際は,犯罪として,大人が捕まることがあります【★1~3】。

 ぎゃくに,たしかに,援助交際をした子どものがわが犯罪になるとは,法律には書かれていません
【★4】


 けれど,援助交際そのものではなく,援助交際に関係した犯罪で,子どもが逮捕されることはあります

 たとえば,援助交際をした大人のがわが犯罪になることにかこつけて,「警察にばらされたくなかったら金を払え」などとおどせば,恐喝罪(きょうかつざい)です
【★5】

 また,出会い系サイトに子どもが書き込みをするのも犯罪で,それを理由に実際に逮捕された子どももいます
【★6】

 出会い系サイトの書き込みだけでなく,みんなに見えるやりかたで売春の相手をさがすことなども,むかしから犯罪とされています
【★7】


 ただ,援助交際をした子どもが,警察から家に帰れなくなるのは,「犯罪をしたから逮捕」というのではないことのほうが多いです。


 17歳までの子どもだと,警察から児童相談所にそのまま移されて,保護されることがあります【★8】

 これを,「身柄(みがら)付き通告(つうこく)」と言います。

 通告がされると,一時保護所というところに保護されます。

 そして,児童相談所が,あなたがどんな子どもかを見きわめ,家に帰せるかどうかを考えます。

 どうして援助交際をしていたのか,そのことについて今どう考えているのか,これからどうしていきたいのか。

 自分自身のことを大切にしているか,まわりから大切にされているか。

 そういったことを見ていきます。

 その結果,家に帰った後も児童相談所があなたや家族のサポートを続ける,ということもあります。

 「家に帰すのはあなたにとって良くない」と判断されて,施設で暮らしていく,ということもあります。

 施設としては,児童養護施設や,児童自立支援施設
【★9】などがあります。


 また,「このままでは犯罪をするかもしれない」という理由で,警察から家庭裁判所に送られることもあります

 これを「ぐ犯(ぐはん)」と言います
【★10】

 家庭裁判所での判断をするまでの間,「あなたがどういう人かを見きわめる必要がある」,と裁判官が考えると,少年鑑別所(かんべつしょ)というところにとめおかれます。

 これを,「観護措置(かんごそち)」と言います
【★11】

 そして,家庭裁判所の調査官と裁判官が,あなたがどんな子かを見きわめ,家に帰せるかどうかを考えます。

 どうして援助交際をしていたのか,そのことについて今どう考えているのか,これからどうしていきたいのか。

 自分自身のことを大切にしているか,まわりから大切にされているか。

 やはり,そういったことを見ていきます。

 その結果,「審判(しんぱん)」で,「家に帰っていい」,と言われることもあれば,「施設に行きなさい」,と言われることもあります。

 施設としては,少年院や,児童自立支援施設
【★9】などがあります。



 援助交際じたいは子どものがわは犯罪ではないのに,家に帰れない法律の手続があるのは,

 大人の私たちが,子どもたちのことを大切に思っているから,

 援助交際をしている子どもたちに,自分自身を大切にしてもらいたいからです




 10代は,体と心が,大人の仲間入りをします。

 そして,「性」を意識するようになります。



 あなたの体と,あなたの心。

 これは,これからずっと,あなた自身が付き合っていくものです。

 その付き合いは,死ぬまでの何十年という間,ずっと続きます。

 だから,最初のころは,

 大人の仲間入りを始めたばかりの自分の体と心との付き合い方を,じっくりと身につけていってほしいのです。

 あなた自身を,大切にしてほしいのです。



 「性」と聞くと,セックスのことをイメージする人が多いと思います。

 でも,それは,「性」のうちの一部にすぎません。

 自分の心と体を大切にし,そして,相手の心と体を大切にすること。

 それが,本当の意味での「性」です。

 そして,「性」は,自分と相手の命そのもの,さらに,新しく生まれてくる命そのものとも,深く結びついています。

 「性」は,人が人として生きていくうえで,とてもだいじなことなのです。



 一人一人が,大切な存在,大切な人間として扱われること。

 法律は,そのことを一番だいじにしています
【★12】

 だから,法律は,人間にとってだいじな「性」を守るために,いろいろなルールを作っています。

 「性」が人にとってだいじなことだからこそ,「性」についての法律上のトラブルも社会の中では多く起きていますし,

 実際,私たち弁護士も,仕事でそのような事件に多くかかわっています。



 援助交際をする大人は,表面上,あなたに優しく接しているように見えるのかもしれません。

 でも,その大人は,自分の欲望のためにお金を使っています。

 自分の体と心との付き合い方を身につけるための時期にあるあなたのことを,

 まるで,「物」のように,「人形」のように,あるいは「奴隷(どれい)」のように,買って使っているのと同じです。

 あなたを,大切な一人の「人間」として扱(あつか)ってはいないのです
【★13】


 「自分が,そんな大人とかかわっていたって,別にかまわない」。

 心の中でそう思っている子どもたちには,

 自分自身を大切にすることのできない,理由や背景があります。



 援助交際をする理由や背景は,子どもによってまちまちです。


 「援助交際の相手の大人が,自分の話を聞いてくれ,受け止めてくれる」。

 相手の表面上の優しさをそんなふうに感じるほど,

 普段の生活の中で,自分の話を聞いて受け止めてくれる大人がいない,というさみしさをかかえている子どもたちがいます。

 また,援助交際で受け取ったお金で高い物を買うことで,心のすきまを埋(う)めている子どもたちがいます。

 さらには,家族からの虐待,特に,性的な虐待を受けてきたつらさが背景にあって,そのつらさを打ち消すために援助交際をしている子どもたちも,多くいます。



 だからこそ,そのさみしさや,心のすきま,つらさについて,私たち大人といっしょに話し合ってほしいのです。


 私たちは,子どもたちのことを,大切に思っています。

 子どもたちに,自分自身のことを大切にしてほしい。

 これから死ぬまでずっと付き合う,自分の体と心,自分の「性」に,今はじっくりと向き合ってほしい。

 そう思っています。



 そして,私たち大人は,そのメッセージを,

 逮捕や保護,施設への措置(そち)という,法律のわくぐみを使わなければならない子どもたちに向かってはもちろんのこと,

 警察に捕まらずに,今,普通に暮らしながら援助交際をしている子どもたちに向かっても,

 きちんと伝えていかなければならない責任がある,と,私は思っています。

 

 

【★1】 児童買春(かいしゅん),児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律2条1項「この法律において『児童』とは,18歳に満たない者をいう」
同条2項「この法律において『児童買春』とは,次の各号に掲(かか)げる者に対し,対償(たいしょう)を供与(きょうよ)し,又はその供与の約束をして,当該(とうがい)児童に対し,性交等…をすることをいう」
同法4条「児童買春をした者は,5年以下の懲役(ちょうえき)又(また)は300万円以下の罰金に処(しょ)する」
【★2】 児童福祉法34条1項「何人(なんぴと)も,次に掲げる行為(こうい)をしてはならない。
(略)
六  児童に淫行(いんこう)をさせる行為」
同法60条1項「第34条第1項第六号の規定に違反した者は,10年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金に処し,又はこれを併科(へいか)する」
【★3】 都道府県の条例でも処罰の規定があります。
東京都青少年の健全な育成に関する条例18条の6 「何人も,青少年とみだらな性交又は性交類似行為を行ってはならない」
同条例24条の3「第18条の6の規定に違反した者は,2年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する」
【★4】 売春(ばいしゅん)防止法は,2条で,「この法律で『売春』とは,対償(たいしょう)を受け,又は受ける約束で,不特定の相手方と性交することをいう」とし,3条は,「何人も,売春をし,又はその相手方となってはならない」として,お金をもらってセックスすることを禁止してはいますが,その人に刑罰を科すことにはなっていません(ただし,売春そのものではなく,売春のために人を誘うやりかたなどについては,刑罰があります)。
【★5】 刑法249条1項「人を恐喝(きょうかつ)して財物を交付(こうふ)させた者は,10年以下の懲役に処する」
同条2項「前項の方法により,財産上不法の利益を得(え),又は他人にこれを得させた者も,同項と同様とする」
【★6】 出会い系サイト規制法(インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律)6条「何人も,インターネット異性紹介事業を利用して,次に掲げる行為…をしてはならない。
(略)
二  人(児童を除く…)を児童との性交等の相手方となるように誘引すること。
(略)
四  対償を受けることを示して,人を児童との異性交際の相手方となるように誘引すること」
同法33条「第6条…の規定に違反した者は,100万円以下の罰金に処する」
【★7】 売春防止法5条「売春をする目的で,次の各号の一に該当する行為をした者は,6月以下の懲役又は1万円以下の罰金に処する。
一  公衆の目にふれるような方法で,人を売春の相手方となるように勧誘すること。
二  売春の相手方となるように勧誘するため,道路その他公共の場所で,人の身辺に立ちふさがり,又はつきまとうこと。
三  公衆の目にふれるような方法で客待ちをし,又は広告その他これに類似する方法により人を売春の相手方となるように誘引すること。」
【★8】 児童福祉法25条「要保護児童を発見した者は,これを市町村,都道府県の設置する…児童相談所…に通告しなければならない。…」
 同法26条1項「児童相談所長は,第25条の規定による通告を受けた児童…,その保護者…について,必要があると認めたときは,次の各号のいずれかの措置(そち)を採(と)らなければならない。(略)」
 同法33条1項「児童相談所長は,必要があると認めるときは,第26条第1項の措置をとるに至るまで,児童に一時保護を加え,又は適当な者に委託して,一時保護を加えさせることができる」
【★9】 児童福祉法44条「児童自立支援施設は,不良行為をなし,又はなすおそれのある児童及び家庭環境その他の環境上の理由により生活指導等を要する児童を入所させ,又は保護者の下から通わせて,個々の児童の状況に応じて必要な指導を行い,その自立を支援し,あわせて退所した者について相談その他の援助を行うことを目的とする施設とする」
 児童自立支援施設は厚生労働省,少年院は法務省がかかわる,というちがいがあります。
【★10】 子どもの場合は,犯罪をしていなくても,「犯罪をするかもしれない」というときには,裁判になることもあるのです。
少年法3条「次に掲げる少年は,これを家庭裁判所の審判に付する。…
3.次に掲げる事由があって,その性格又は環境に照して,将来,罪を犯し,又は刑罰法令に触れる行為をする虞(おそれ)のある少年
 イ 保護者の正当な監督に服しない性癖のあること
 ロ 正当の理由がなく家屋に寄り附かないこと
 ハ 犯罪性のある人若しくは不道徳な人と交際し,又はいかがわしい場所に出入すること
 ニ 自己又は他人の徳性を害する行為をする性癖のあること」
【★11】 少年法17条1項「家庭裁判所は,審判を行うため必要があるときは,決定をもって,次に掲(かか)げる観護の措置をとることができる。
1.家庭裁判所調査官の観護に付すること
2.少年鑑別所に送致すること」
【★12】 憲法13条「すべて国民は,個人として尊重される。生命,自由及(およ)び幸福追求(ついきゅう)に対する国民の権利については,公共の福祉(ふくし)に反(はん)しない限(かぎ)り,立法その他の国政の上で,最大の尊重を必要とする」
【★13】 もちろん,10代の子どもであっても,自分の「性」のありよう(自分がだれとどんな心と体の関係をつくるか)について,自分で決めることができる自由(性的自由,性的自己決定権)があります。記事本文で書いたいろいろな法律は,10代の子どもの性的な自由と,10代の子どもの「性」を守る必要性とのバランスをとったものなのです。
 最高裁も,このバランスについて,「子どもを,さそったり,すごんだり,だましたり,とまどわせたりして,心や体がまだ成長を続けている途中だということにつけいった不当なやり方」や,「子どもを単に自分の性欲を満足させるための対象として扱っているとしかいえないようなもの」についてはその大人を処罰する,というところでバランスをとる,としています。援助交際は,まさにここに言う,大人が,「子どもを単に自分の性欲を満足させるための対象として扱っているとしかいえないようなもの」にあたります。
 最高裁大法廷昭和60年10月23日判決・刑集39巻6号413頁(福岡県青少年保護育成条例違反事件)「本件各規定…の趣旨は,一般に青少年が,その心身の未成熟や発育程度の不均衡(ふきんこう)から,精神的に未(いま)だ十分に安定していないため,性行為等によって精神的な痛手を受け易(やす)く,また,その痛手からの回復が困難となりがちである等の事情にかんがみ,青少年の健全な育成を図るため,青少年を対象としてなされる性行為等のうち,その育成を阻害(そがい)するおそれのあるものとして社会通念上非難を受けるべき性質のものを禁止することとしたものであることが明らかであって,右のような本件各規定の趣旨及びその文理等に徴(ちょう)すると,本条例10条1項の規定にいう『淫行』とは,広く青少年に対する性行為一般をいうものと解すべきではなく,青少年を誘惑し,威迫(いはく)し,欺罔(ぎもう)し又は困惑(こんわく)させる等その心身の未成熟に乗じた不当な手段により行う性交又は性交類似行為のほか,青少年を単に自己の性的欲望を満足させるための対象として扱っているとしか認められないような性交又は性交類似行為をいうものと解するのが相当である」

 

補導って何?

 

 夜,家に帰らずに友だちと街で遊んでいたら,警察に補導されました。よく考えたら,補導って,いったい何ですか?


 補導は,子どもたちが悪い道に進まないようにするために,警察が,子どもに注意をしたり,親や学校などに連絡をしたりすることです。


 補導は,細かく見れば,いろんな種類があります【★1】

 万引きに対する補導も,多くあります
【★2】

 しかし,一番多いのは,「不良行為少年」に対する補導です。



 「犯罪にあたることは,していない。犯罪をするかもしれない,ということでもない。でも,このまま放っておくと,悪い道に進んでしまうかもしれないようなことをしている」。

 そういう子どものことを,警察は,「不良行為少年(ふりょうこういしょうねん)」と呼んでいます
【★3】【★4】


 どんなことが「不良行為」にあたるか,という例を,警察は,17個挙げています【★4】

 その中で,補導の数がとりわけ多いのは,夜中に出歩くこと(深夜はいかい)と,たばこを吸うこと(喫煙)です。

 平成23年に「不良行為少年」として補導された子どもは100万人いますが,このうち,「深夜はいかい」が56万人,「喫煙」が35万人ですから,この2つが補導のほとんどだということになります
【★5】


 補導というのは,警察が,その子に対して,「そういうことをしないように」と注意をしたり,アドバイスをしたり,親に連絡をしたりすることです【★6】

 特に必要があるときには,警察は,学校や職場にも連絡します。



 警察は,「不良行為少年」だということで親などに連絡をしたら,その補導の記録を残します【★7】

 その後,「実際に犯罪をした」,とか,「このままだと犯罪をするかもしれない」,という理由で,家庭裁判所での審判(しんぱん)を受けることになったら,裁判官は,それまでの補導の記録を,あなたの処分を決めるための資料の一つにします。

 なお,警察から子どもへのその場の注意だけで,親などに連絡をしなかったときには,記録は残りません。

 また,この「不良行為少年」の補導の記録は,20歳になったら,捨てられてなくなります
【★8】【★9】


 じつは,この「補導」は,法律で決められていることではありません。

 国会で国会議員たちが話し合って決めたルールではないのです。

 補導は,警察が作ったルールです
【★10】


 夜に出歩いている子どもや,たばこで自分の体を傷つけている子どもに,声をかける大人たちの中の一人として,警察官も,たしかに大切な役割をはたしています。

 けれど,警察は,犯罪をとりしまる,強い力を持っています。

 そんな警察が,法律というわくぐみのないまま,その強い力で子どもに向き合うと,どうでしょう。

 子どもが守られるというよりも,かえって,子どもを追い詰めることにもなりかねません。

 だから,補導については,きちんと法律のわくぐみを作って,警察ができることと,警察がしてはいけないこととを,はっきりさせる必要があります。



 犯罪をしたわけでもない,犯罪をするかもしれないというわけでもない。

 だけれど,夜に出歩いたり,たばこで自分の体を傷つけたりしている。

 そういう子どもたちに必要なのは,犯罪をとりしまる警察の力ではありません。

 子どもたちに必要なのは,その子どもの話をきちんと受け止めてくれる大人と,「ここにいていいんだ」と子どもたちが思える居場所です。



 警察が,子どもたちを,まるで危ない存在や犯罪者のようにあつかう。

 警察が,子どもを注意をするだけで,子どもの話をきちんと受け止めない。

 警察が,子どもにとって居場所になっていないかもしれない「家」や「学校」に,連絡をするだけ。

 そんなことでは,子どもたちの心のすきまが埋まることにはつながりません。

 かえって,子どもたちの立場から見れば,警察をはじめとするまわりの大人たちや,この社会のしくみに対して,不満や不信をつのらせてしまうのではないかと思います。



 私は,補導は,その子どもにいろんな大人がかかわることができるきっかけになるものであってほしい,と思っています。

 そして,大人が子どもの話を受け止め,その子どもにちゃんとした居場所ができる,そのためのしくみであるべきだ,と思っています。

 

 

【★1】 大きくわけて,「街頭補導(がいとうほどう)」と「継続補導(けいぞくほどう)」の2つがありますが,一般的にみなさんが「補導」と呼んでいるものは,「街頭補導」のほうです。
 「街頭補導」は,道路などの公共の場所,駅など多くの客が集まるところ,風俗(ふうぞく)の営業所など,子どもの犯罪が行われやすい場所で,子どもたちを発見し,必要に応じてその場で対応する活動です(少年警察活動規則7条)。
 「継続補導」は,警察が相談に乗っている子どもや,不良行為少年について,犯罪を防ぐために特に必要なときに,親のOKをもらったうえで,家,学校,友だち関係などについて,相当の改善(かいぜん)が認められるまでの間,アドバイスや指導などを続けることです(8条2項)。
【★2】 補導は,記事にメインで書いた「不良行為少年」だけではなく,「非行少年」,つまり,犯罪をした14歳以上の子ども(犯罪少年)や,犯罪にあたることをした13歳以下の子ども(触法少年),犯罪じたいはしていないけれども犯罪をするかもしれない子ども(ぐ犯少年)にもおこなわれます(少年警察活動規則7条,2条5号)。
 このうち,「非行少年」の補導というのは,事件の捜査(そうさ)をするだけでなく,早めに子どもや親にアドバイスをすることや,学校などへの連絡をすることをさします(同規則13条1項)。
 「14歳に満たない者の行為は罰しない」とされています(刑法41条)。だから,犯罪にあたることをした13歳以下の子どもは,「法に触(ふ)れることをした子ども」という意味で,「触法少年(しょくほうしょうねん)」と呼ばれます。この触法少年として平成23年に補導された子どもは,1万6616人でした。このうち,万引きで補導されたのが7498人,自転車を盗んで補導されたのが1586人でした(警察庁生活安全局少年課「平成23年中における少年の補導及び保護の状況」http://www.npa.go.jp/safetylife/syonen/hodouhogo_gaiyou_H23.pdf)。
 14歳以上の子どもの万引きの場合は,事件として「検挙(けんきょ)」され,警察から家庭裁判所に文書で連絡がいきます(簡易送致(かんいそうち)と言います)。14歳以上の「犯罪少年」も,補導の対象にはなっているので,少しややこしいですね。
 万引きのことや,簡易送致については,また別の記事で詳しく書こうと思います。
【★3】 少年警察活動規則2条「この規則において,次の各号(かくごう)に掲(かか)げる用語の意義(いぎ)は,それぞれ当該各号に定めるところによる。
(略)
六  不良行為少年 非行少年には該当しないが,飲酒,喫煙,深夜はいかいその他自己又は他人の徳性を害する行為(以下「不良行為」という。)をしている少年をいう。」
【★4】 「不良行為少年の補導について」(警察庁生活安全局長平成20年10月17日警察庁丙少発第33号)は,「不良行為の種別及び態様」で,不良行為を,「以下の行為であって,犯罪の構成要件(こうせいようけん)又はぐ犯要件に該当しないものの,そのまま放置すれば,非行その他健全育成上の支障が生じるおそれのあるもの」として,17個挙げています。
 (1)飲酒,(2)喫煙,(3)薬物乱用,(4)粗暴行為(そぼうこうい),(5)刃物等所持,(6)金品不正要求,(7)金品持ち出し,(8)性的いたずら,(9)暴走行為,(10)家出,(11)無断外泊,(12)深夜はいかい,(13)怠学(たいがく),(14)不健全性的行為,(15)不良交友,(16)不健全娯楽(ごらく),(17)その他(上記の行為以外の非行その他健全育成上支障が生じるおそれのある行為で,警視総監又は都道府県警察本部長が指定するもの)
【★5】警察庁生活安全局少年課「平成23年中における少年の補導及び保護の状況」http://www.npa.go.jp/safetylife/syonen/hodouhogo_gaiyou_H23.pdf
 平成23年の不良行為少年の補導数は101万3167人,うち,深夜はいかい(56万4575人)と喫煙(35万3258人)を合わせると90%以上になります。
【★6】 少年警察活動規則14条1項 「不良行為少年を発見したときは,当該不良行為についての注意,その後の非行を防止するための助言又は指導その他の補導を行い,必要に応じ,保護者(学校又は職場の関係者に連絡することが特に必要であると認めるときは,保護者及び当該関係者)に連絡するものとする」
【★7】 「不良行為少年の補導について」(警察庁生活安全局長平成20年10月17日警察庁丙少発第33号)「第4 少年補導票の作成及び不良行為少年に係(かか)る報告等」「警察職員は,不良行為少年…を発見した場合において,第3の3の連絡〔注:保護者等に対する連絡のこと〕を行うことが必要であると認めるときは,…少年補導票を…作成し,所属の長に速やかに報告するものとする…」,「第5 1 少年補導票の保管」「少年補導票は,当該少年補導票に記載された不良行為少年の住居地を管轄(かんかつ)する警察署において保管するものとする…」
【★8】 「不良行為少年の補導について」(警察庁生活安全局長平成20年10月17日警察庁丙少発第33号)「第5 2 少年補導票の廃棄」「少年補導票は次の場合に廃棄するものとする。(1)第3の3の連絡〔注:保護者等に対する連絡のこと〕を行わなかったとき…。(2)当該少年補導票に記載された不良行為少年が成人となったとき。(3)その他保管の必要がなくなったとき。」
【★9】 20歳になったら廃棄されるのは,「不良行為少年」の補導の記録です。14歳以上の万引きなどの「犯罪少年」の補導は,「非行歴」として,その後もずっと記録が残ります。ただ,補導歴,非行歴のどちらにしても,普通の人がその記録を見ることはできませんし,「前科(ぜんか)」とは違いますから,進学や就職など,その後の人生にマイナスになるかも,と必要以上に心配することはありません。ただし,悪いことをくり返すと,それまでの補導歴や非行歴があなたの処分にかかわってきますから,そういう意味で,生活には注意をしなければいけません。
【★10】 「補導」は,昔は「少年警察活動要綱」という名前の警察内部のルールで決められていました。平成15年から今は,「少年警察活動規則」という国家公安委員会の規則で決められています。
 記事に書いたように,「補導について法律できちんとルールを決めるべきだ」という議論はありますが,問題が多く,今も法律はできていません。
 そうしたところ,平成18年3月,奈良県が,「奈良県少年補導に関する条例」という条例を作りました(同年7月施行)。「法律」は国会で作る国のルールですが,この「条例」は地方の議会で作る地方のルールです。奈良県だけ,議会で補導のルールが決められたわけです。しかし,奈良県の条例では,警察が「できること」をメインにして決めていて,警察が「してはいけないこと」をはっきりさせようとしていないことや,何が「不良行為」かについての決め方が広くてあいまいで,ふつうの不登校までもふくんでいたりすることなどに,批判もあります。

 

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »